2013年11月27日水曜日

河合政之 全方位ヴィデオアートの軌跡

ヴィデオアーティストのレトロスペクティヴを企画しました!

河合政之 全方位ヴィデオアートの軌跡  
The Omniazimuth Video Art of Masayuki Kawai


 ゼロ年代ヴィデオアートを牽引する河合政之の知られざる上映作品を一挙に上映する。ヴィデオ・パフォーマンス、イベントオーガナイザーとは違った河合のヴィデオ上映作品から、その足跡をたどる。
 哲学的言説によるスペクタクル批判、空間・建築的アプローチ、ノイズ/フィードバックに至るまで、ヴィデオアートの可能性を極限まで盛り込んだ河合の< 全方位ヴィデオアート>とも言える作品群を堪能する。
  また初回には映像分野でも別な視点を持つ、金子遊氏を、第二回には映像と同じ時間芸術でありながら身体表現の分野で活躍する手塚夏子氏をゲストに河合政之とのゲストトークを行う。

Vol.1:2013/12/15(日)14:50開場 15:00開演 
Vol.2:2014/1/26(日)14:50開場 15:00開演
一般¥1500円/学生¥1000

当日は混雑が予想されます、ご予約をお勧めしています。こちらのサイトから
 UPLINK WEBsite

2013年11月21日木曜日

Lo-Vi ヴィデオアウトロー video exhibition at 新宿ゴールデン街

新宿ゴールデン街にて9人のヴィデオアーティストと展示を行います。ゴールデン街のバー、グリゼットを借り切って毎晩ヴィデオによる様々な催しと展示をご覧いただけると思います。是非遊びにいらしてくださいッ!

Lo-Vi ヴィデオアウトロー video exhibition

河合政之、瀧健太郎、服部かつゆき 西山修平、浜崎亮太、韓成南、大江直哉、藤井可奈子、UMMMI.

2013年11月30日~12月14日 18:00-25:00
venue:グリゼット(新宿ゴールデン街) 月曜~土曜 
opening party:11/30(土)18:00- closing party:12/14(土)18:00-

グリゼット 新宿歌舞伎町1-1-5 090-8175-8923 http://grisettegoldengai.blogspot.fr/

open[Mon-Sat 18:00-25:00] close[Sun]
平常営業 チャージ¥1000、ドリンク¥500~
opening and event:11/30(土) closing and event:12/14(土) 18:00- ¥1000 with 1drink/二杯目~¥500 (バーになりますので、オーダーをお願い致します!)

2013年11月20日水曜日

Living in the BoxII in"PIANO+" atZKM, Karlsruhe Germany

Yukiko Watanabe / Kentaro Taki - Living in the Box II (2013) from Rei Nakamura on Vimeo.

ドイツ、カールスルーエZKMでのイベント「PIANO+」にて、渡辺 裕紀子(作曲)+中村麗(ピアノ)+瀧健太郎(ヴィデオ)の「Living in A Box」が上演されます。

PIANO+ at ZKM, Karlsruhe, Germany
Fri, November 29, 2013, 21.30
Yukiko Watanabe(composer): Living In A Box (2013, UA, 10')
for piano and video Performers
Rei Nakamura: piano
Kentaro Taki: video
(photo: K.Taki's video installation "LIB"2009, Centro Media, Mexicocity)


2013年11月13日水曜日

arriver à Paris/Événement de la vidéo en demain パリ到着、明日がイベントです!






昨日マルセイユからパリへ移動しました。河合さんの機材を何とかTGVに乗せたのですが、ブラウン管テレビが箱からちょっとはみ出してるのを見つかって、TVはTGVに持ち込めないとのこと。 会場の104にて準備開始。Jeune Creationは1949年から絵画のアンデパンダン展として続いているそうです。


2013年11月12日火曜日

écouter la voix du moniteur: from the final day Les Instant Video!



Les Instant Video最終日!急きょブラウン管TVを壊すパフォーマンスをやることに。中のガラスの真空の部分、表面に穴を少しあけるとヒュッという音がなるのを皆で聴きました。物質文明へのちょっとした批判も兼ねて。

2013年11月9日土曜日

Les Instant Video:exhibition area in Tour Panolama, Le Frich, Marseille

今日は学生さんのドキュメンタリーチームの取材を受けたり、今回の展示はヴィデオアート誕生50周年展ということで、「ヴィデオアートの未来についてどう思いますか?」いきなりすごい質問でした。右下は1969年製のポータパックカメラ、可動品だそうです。オープンリールのテープがないので撮影はできないそうですが、「日本にないかな」と言われました。無い…と思う。SONY関係者さん、もし何かご存じなら教えてください。

2013年11月8日金曜日

day6- Vernissage!!フェスティバルオープン



午前中に映像の調整を行って、ようやく完成。最後に解体したモニターのブラウン管の中身の部分を置いて、デコレーション。何かヴィデオアート50周年にあたって、ヴィデオ(機器)の墓標を作ってしまったような…。

夕方からはじまったオープニングにはご覧のとおり、すごい人数の人たちが…。

day5- 作業佳境、あと一歩


明日から展示開始のため、今日でほとんど作業完了しなければ…でもプロジェクターの設置などまだまだ前途多難。LeFricheのスタッフとお手伝いの学生さんがフル活動で最後の仕上げ作業にかかりました。プロジェクターを3台つかって、三方向から映像を当てるのと、きちんとオブジェに映像があたるように何度もチェック、まだ映像の内容ができてないのが少し心配!21時半作業終了、22時就寝。

2013年11月6日水曜日

day4- カオスのデザイン?



4日目、ようやくオブジェを吊る金具を買ってもらったので、支持体にどんどん家電ごみパーツをつけていきました。この作業・・・すごい楽しい。全くの混沌とした部品を、構成してゆくという「カオスのデザイン」とでも言えますか、両義的な行為な非常にエキサイト!。単なるゴミパーツが、生き物のように見えてくるから不思議。今回は「菌糸」をイメージして作ってます。夕方にはプロジェクターも付き始めて、いよいよ明日映像を投影する準備に入ります・・・ヒヤヒヤ。