2006年11月20日月曜日

パリのDVDレーベルよりコンピレーション

パリのインディペンデントのDVDレーベルLowaveからをリリースされた「city2city」に「交換可能都市」(2002-2004)が収録されました。
都市を巡るヴィデオアートを集めて、ヴィデオと都市を巡る様々なアプローチを楽しんでいただけるかと思います。

他にはVCT主催の「ビデオアートチャンネル」や「テレピデミク展」などのイベントに参加してくれたウルリッヒ・フィッシャーやノーズ・チャン、オーギュスタン・ジメルなど9カ国10人のアーティストが参加しています。

サイトより購入が可能です。PALとNTSCのダブルディスクで25ユーロ!

Lowaveのサイト

2006年9月20日水曜日

「虚構の砦」上映

10月13日(金)
山形ドキュメンタリーフェスティバルin東京の一環として、御茶ノ水のアテネフランセで作品を上映します。
16:50- 「虚構の砦」を含む、シンガポール、タイのアーティストの作品
19:00- VCT+瀧選出の作品、アフリカ、オーストリア、日本+シンガポールの作品

「虚構の砦」(2004/32分)は、昨年の山形ドキュメンタリー映画祭、「アジア千波万派」部門入選、ドイツのボーフムビデオフェスティバル企画者賞を 受賞したメディア論的な映像作品です。あまり上映される機会が少ないので、映画館での上映をお見逃しなく。 山形in東京WEBサイト

2006年9月1日金曜日

"Bild:Muel"ビデオインスタレーション

「河合政之、瀧健太郎 メランコリック・ユートピア展」の一環として、ヴィデオ・インスタレーションの展示をしました。今回は、通常のスクリーンではなく、立体物にサンプリング された画像をコンピューターソフトによるランダムに投影し、現代の情報社会と都市像のシミュレーションとも言える作品です。
2日(土)には河合政之氏との共演によるパフォーマンスを行いました。

[ヴィデオ・インスタレーション展示]
9月1日(金) ー9月22 日(金) 瀧健太郎 “Bild:Muell”
at 横浜ポートサイドギャラリー
開催時間 11:00~18:00(日曜・祝日休廊)

9月2日(土)"Bild:Muel"オープニング
17:00-河合と瀧によるヴィデオ・ライヴ・パフォーマンス!
18:00-19:30 オープニング・パーティ

2006年8月20日日曜日

AKTオフィススタート!

横浜は、関内のクリエーター・コンプレックス「ZAIM」内に、「AKT」という名のオフィスを構え、日本での作家のマネージメント拠点として活動してゆ くことになりました。つきましては、この火曜日にオフィスお披露目のプレゼンテーションとスクリーニングのイベントを開催いたします。当日はオフィスを シェアするヴィデオ・アーカイヴMIACAによる上映とプレゼンも御座います。どなた様もどうぞお越し下さい。

詳しくは
www.aktakt.net

2006年7月20日木曜日

Electronic Super Niagala Falls

7月29日(土) / 19:30-20:30

Electronic Super Niagala Falls
at大塚アウトラウンジ。
小川聡一郎と組む"Outscope"+GOLDENSHITの面々で、ヴィデオ・フィードバックや、演算によるサウンド←→ヴィデオの変換などを駆使し、映像 /情報に囲まれてしまった現状を逆手に、メディアの可逆性を武器にするヴィデオ・パフォーマンス。

前回のOutscopeのパフォーマンスはコチラ

2006年7月10日月曜日

メランコリック・ユートピア展-河合政之+瀧健太郎

メランコリック・ユートピア展 M e l a n c h o l i c U t o p i a
河合政之、瀧健太郎
~幻惑の都市像、e-scape into the realworld~
リアルワールドへの逃避/電子風景
[ヴィデオ・インスタレーション展示]
7月21 日(金) ー8月12 日( 土) 河合政之 “Color Scenes”
9月1日(金) ー9月22 日(金) 瀧健太郎 “Bild:Muell”
at 横浜ポートサイドギャラリー
開催時間 11:00~18:00(日曜・祝日休廊)

7月22日(土)"Color Scenes"オープニング
16:00- 過去のヴィデオ作品の上映+トーク:河合と瀧が、「文化庁初公認ピンク映画監督」女池充をゲストに迎え、「メランコリック・ユートピア」な現代社会と 映像を語る!
18:00-19:30 オープニング・パーティ

9月2日(土)"Bild:Muel"オープニング
17:00-インスタレーションだけじゃない!河合と瀧によるヴィデオ・ライヴ・パフォーマンス!
18:00-19:30 オープニング・パーティ

2006年6月20日火曜日

上映とレクチャー

7月1日(土) / 1st July sat. 14:30-16:00
下北沢シネマタイフーンの中のプログラムとして「虚構の砦」(2004/32min)ほか作品を上映し、都市像と映像についてお話させていただきます。下北沢シネマタイフーンはカルチュラル・タイフーン2006の関連イベントです。
下北沢シネマ・タイフーンCinema Typhoon


7月9日(日)18:00-
瀧健太郎「ヴィデオとオブジェの共犯関係」 レクチャー
近年の映像インスタレーションを中心に、映像と立体物がいっしょになったときの面白さ、を作品を見せながら探ります。御茶ノ水neoneo坐でのNeoFest2006内のプログラムです。共にヴィデオを研究している早稲田川口の学生作品(Eプログラム/7/9[sun]13:45~+7/19[wed]21:00-)もかかります。

2006年5月2日火曜日

アーティストトーク参加

“Welcome to the Real World!”欧州発ビデオアートスクリーニングとレクチャー
MIACA主催のビデオアートのスクリーニングがあります。瀧はスクリーニング後のラウンドテーブルにゲストとして参加します。
5月16日(火)18:00-21:00紹介作家:アレハンドラ・ルンデン、サラ・バナット、マンス・ランゲ
ゲスト:ラルス・ニルソン(スウェーデンのビデオアーティスト)、池田光宏(アーティスト)、岡田裕子(アーティスト)、瀧健太郎(アーティスト、ビデオアートセンター東京主宰)、もとみやかをる(アーティスト)他


1部 ラルス・ニルソンによるアーティストトークと欧州の若手作家作品紹介
2部 お茶を囲んでラウンドテーブル 美術がおかれている状況とそこから生まれる作品
-欧米と日本について

2006年4月10日月曜日

武蔵野美術大学にて講義

武蔵野美術大学にて講義
4月27日(木)16:45-
武蔵野美術大学イメージライブラリー主催の課外講座にてポーランドの映像作家ズビグ・リプチンスキーを紹介する講義を行いました。

2006年4月2日日曜日

Workshopt at SpaceNeo

メディア・アッサンブラージュ

4月15日(土)13:00-18:00 1日ワークショップ
18:00-22:00 インスタレーション展示
18:00から展示と共にパーティを行います。お近くの際は是非いらしてください。
場所:スペースneo (御茶ノ水) お問い合わせ:spaceneo@tcn-catv.ne.jp 
参加費:1000yen(飲み物と軽食を用意しております/持ち込み自由です。)

2006年3月10日金曜日

V-Lounge at Tokyo Wonder Site

V-Lounge at Tokyo Wonder Site
ゲストを迎えて、ラウンジ空間でビデオ作品を見ながら、アートについて語る場所を作りました。前二回は大盛況に終わりました。Vol3のゲストは90年初 頭よりカナダに移住し、現在はトロントで活動する現代アート作家の秋元しのぶさんをゲストに、カナダでの活動や日本との制作環境の違いなどを、ドリンク片 手に自由に話し合いたいと思います。

3月24日(金)19:00- at トーキョーワンダーサイト渋谷
[V-loungeサイト]
http://www.vctokyo.org/channel/

2006年3月3日金曜日

ビデオパフォーマンスat 早稲田

3/3(fri) open 18:30- 
at 小野梓記念館 B2F小野講堂
(東京メトロ早稲田駅から徒歩5分、大隈講堂向かい)
早稲田大学川口芸術学校の卒制展にて、久々のビデオパフォーマンスを行いました。3年生のOutput(小川聡一郎)とTakiscopeの合併ユニット outscopeとして、リアルタイム・ビデオソフトやフィードバックを利用して25分ほどのパフォーマンスをしました。

[早稲田大学川口芸術学校 卒業制作展ignition2006]

2006年1月20日金曜日

V-Lounge at Tokyo Wonder Site

ゲストを迎えて、ラウンジ空間でビデオ作品を見ながら、アートについて語る場所を作りました。第一回は大盛況に終わりました。Vol2のゲストはサンプリ ングビデオの刺客!タスマン・リチャードソン氏です。今回は彼と彼のグループFAMEFAMEの作品の紹介、またFinalCutProでのデモンスト レーションをしてもらい、ドリンク片手に自由に話し合いたいと思います。

2月10日(金)19:00- at トーキョーワンダーサイト渋谷
[V-loungeサイト]
http://www.vctokyo.org/channel/

2006年1月5日木曜日

V-Lounge at Tokyo Wonder Site

ゲストを迎えて、ラウンジ空間でビデオ作品を見ながら、アートについて語る場所を作りました。Vol1のゲストはビデオアートの黒船!マイケル・ゴールド バーグ氏です。70年代に来日し、国内のアーティストにビデオアートの手ほどきをした彼のお話を聞きつつ、ドリンク片手に自由に話し合いたいと思います。

1月20日(金)19:00- at トーキョーワンダーサイト渋谷
[V-loungeサイト]
http://www.vctokyo.org/channel/